カードローン

アベノミクス効果て沸き返る日本経済、とは言うものの、私が務める中小企業などはまだその恩恵に預かれることなく、いまだに厳しい現状が続いています。給料も上がることはなく、月によっては生活費のやりくりにも困ることもあります。そんな時には親や友人にお金の無心をすることもできないので、何か良い助けとなる手段がないものかとずっと考えてきました。そこで思い至ったのが銀行&消費者金融のカードローンの存在です。

 

カードローンを使えば自分の生活が辛いな、苦しいなと感じた時にすぐに近場のコンビニに行けばATMから借り入れ金を引き出すことができます。これはとても便利だし、忙しい自分が深夜帯に利用しても大丈夫というメリットもあります。

 

最初の利用の際には契約申請を行って、担当者による審査が行われます。中小企業とはいえ、私の正社員としての立場が効いたのか、約30分くらいでそれも通過でき、カードローンの利用を許可してもらえることになりました。

 

私が最初に借り入れたのは家賃の支払いや契約更新などに必要なお金30万円でした。これを手にすることによってしばらくは余裕のある生活を送ることが出来るようになります。まさにカードローンに暮らしを救われたといった感じです。